健康美容におすすめ!食べ物を咀嚼するメリットとデメリット!

とりあえず食べ物は、

  • よく噛んで顎を作る
  • 小顔で喜んでいる場合ではない

ということを念頭においておいてほしいと思います。

食の欧米化が進むとなぜいけないのか?

それは『(食べモノを)噛む=顎の発達を促す』からなのです。

食の欧米化が進むにつれて大して噛まなくて食べられる=顎が発達しなくなるのです。

顎が発達しなくなるさまざまなリスクが伴うのです。

顎が小さいとどうなるの?

例えば顎が小さいと本来必要とされる28本の歯が収まるだけのスペースを確保できないのです。

歯のスペースを確保できないという事は、歯と歯が重なって出てきたり、本来生えるはずでない場所から生えてきたりします。

そうすると、せっかく健康な歯なのに、抜歯をしなくてはいけなくなったり、矯正治療もスペースが無くては、歯を収める場所が無い訳ですから、不可能です。

顎は鍛えると大きくなるのでしょうか?

顎を鍛えるといっても、柔らかいものを中心に食べてきた子供にいきなり「するめ」や「めざし」を握らせた所で、それを続けられるかというと無理があると思うので、よく噛むことでトレーニングすると良いのではないかと思います。

つまり食べ物の噛む回数を増やすわけです。

顎の発達には咀嚼する回数が大切な訳なのですから。

食べ物を噛む(咀嚼)するメリット&でメリットとは

先に申し上げると食べ物を噛んで食べることにほぼほぼデメリットは見つかりません。

顎の発達というのは健康にも美容にも大切なことですので、子供だけでなく大人も意識することがおすすめです。

脱毛サロンを兵庫県内で探しています。

咀嚼回数を増やしてモノを食べることに時間をかける咀嚼ダイエットなどもあります。

食べ物をよく噛んで食べるということは多くの面でメリットがあるのです。

ただ咀嚼するだけ、つまり食べ物をよく噛むという行為をするだけで、無理に食事制限をすることなく痩せることへの期待も出来るというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする